友達と住む! シェアハウス引越し時の注意点と住み始めてからのトラブルポイントを徹底解説

備えあれば憂いなし。決めるべきことをしっかり決めて楽しいシェアハウス生活の準備を進めましょう

友達と一緒に住める物件も増えてきましたよね。
家賃も友達と分割で安くなるし、お得も満載!
一緒に物件を探して、家具の配置を決めてと引越しの楽しさは2倍、3倍!

実は私も上京して22歳から27歳までの5年間浅草の物件で友人二人、私を入れて三人でシェアハウスをしており、シェアハウスの酸いも甘いも経験しました。

キレイな時の私たちの部屋です。もうかれこれ6年前ですね。


iMac G4が懐かしい。

今日はシェアハウスのワクワクする楽しい話は少し横に置いて、実体験に基づくシェアハウス引越し時の注意点と住み始めてからのトラブルポイントを解説します。

備えあれば憂いなし。決めるべきことをしっかり決めて楽しいシェアハウス生活の準備を進めましょう

家賃の折半率問題

友人と一緒に住もうとなった場合、まずシェアハウスを行う際の物件探しです。
どんなに仲のいい友人でも、ずっと一緒にいると疲れてきます。
その為最低限のプライベートは必要です。
プライベートがないとシェアハウスはすぐに解散に向かうので、小さくても各自の部屋は持ちましょう。

その際にまず初めに問題がなるのが、家賃の問題です。
3人で住む場合は3LDKのファミリータイプを賃貸するのが主流になります。

例えば3人で住む場合、3LDKの家を選んだ場合、部屋によって大きさはマチマチです。
6畳・6畳・6畳と同じ大きさであれば、いいのですが現実はマスターベッドルーム10畳・6畳・4.5畳のように大きさが異なる場合がほとんどです。

さらに厄介なことに各部屋の大きさに加え、
・窓の大きさ(日光が入るか)
・畳かフローリングか
・収納の大きさ
・ベランダに出られるか
・照明の有無
(マスターベッドルームは間接照明が備え付けだったりします)
・リビングに隣接しているかどうか(リビングの音が気になる)
など

大きさ以外に部屋ごとに上記のような違いがあり、それが家賃にどれくらい影響するか判断が難しいですよね。

そこで私達が行った部屋と家賃の決め方を紹介します。
仮に3LDK 21万円の物件とします。

まずは21万円を3分割します。
そうすると基準は7万円です。

部屋の大きさや内装の違いをみんなで確認しそれぞれの部屋に金額の差をつけます。
まずは、1万円、5000円などキリのいい数字がいいでしょう。

一番大きい部屋をプラス10,000円
一番小さい部屋をマイナス10,000円
とします。

——————-
“大部屋”:80,000円
“中部屋”:70,000円
“小部屋”:60,000円
——————-

まずは、この時点で”大部屋”・”中部屋”・”小部屋”で住みたい部屋を投票します。

——————-
《住みたい部屋の投票結果》
Aさん”大部屋”
Bさん”大部屋”
Cさん”小部屋”
——————-

投票の結果、Cさんはのみ、小部屋でひとりになりました。
この時点でCさんは”小部屋”60,000円の家賃で確定します。
(決めることが重要です!)

残り、AさんBさんは80,000円以上の価格で”大部屋”の家賃を記載し投票します。

——————-
《”大部屋”の投票結果》
Aさん 83,000円
Bさん 87,000円
——————-

Bさんが87,000円で”大部屋”に決定しました。
80,000円からの差分の7,000円を”中部屋”の家賃を引き”中部屋”の家賃は63,000円となりAさんが”中部屋”に決定です。

これで、それぞれの部屋と家賃が決まりました。

——————-
Aさん”中部屋”63,000円
Bさん”大部屋”87,000円
Cさん”小部屋”60,000円
——————-

決まったこと覆らないように、その場で3人で金額のメールを送り合い証拠とすることをオススメします。

心理戦のような決め方ですが、ロジカルで男性にはオススメのやり方です。

上記以外にも様々が方法があるかと思いますが、少なくとも数か月以上続くお金の話なので全員が納得できる決め方が大切ですね。

共有部かたづけ問題

この問題はシェアハウスを初めて一番はじめに起こる問題かもしれません。
多くが1週間以内に起こります。

はじめはルールを決めて、みんなで片付けるようにしますがその意識も3日もたてば、だんだん薄れて少しずつコップやお皿、
お菓子のゴミがリビングに置きっぱなしになります。

はじめは寛大な心があるので気づいた人が整理整頓し、自分の食器と一緒に洗いますがこれも1週間程度でだんだんイライラに変わります。

少し注意すると、いまやろうと思ってたと返事があり、ゲンナリすること間違いなしです。
ただ、これも10年以上のライフスタイルの問題で、なかなか治りません。

部屋のキレイさの基準は基本、一番汚い方によっていきます。
まさに割れ窓理論ですね。

割れ窓理論とは
窓ガラスを割れたままにしておくと、その建物は十分に管理されていないと思われごみが捨てられ、やがて地域の環境が悪化し、凶悪な犯罪が多発するようになるという犯罪理論です。

これと全く同じことがシェアハウス内で起きます。
そして、みんながこの散らかりは限界だと思った時に、一斉に掃除が始まりひとときの清潔が訪れます。

同居を始める前に、各メンバーの部屋を見ることを見てみましょう。
潔癖度を合わせることでトラブルを回避できます。

もうシェアハウスに住むことが決まった、もしくは住んでいるという場合には隔週くらいで家事サービスを利用する事をオススメします。

1人で家事代行サービスを利用するのはとてもじゃないけど、金銭的に厳しいですがシェアハウスの最大のメリットは金銭的な負担の軽減です。

安い家事代行サービスで
初回交通費込で5000円程度です。

全員が社会人だと金銭的負担もさほど多くありません。

毎回イライラしながら過ごすより、お金で解決できるとこはお金で解決する方が得策かもしれません。

掃除しない人に、掃除をするか少し多めにお金を払うか選んでもらってもいいかもしれませんね。
割りと気持ちよく問題解決できると思います。

ちなみに実際に経験してみると、、
見えない部分もキレイに掃除してもらい水回りのニオイが気になっていたのですが、本当に気にならなくなりました。

光熱費等の費用分担問題

この問題が住んで初めのほうはあまり意識されません。むしろ光熱費の基本使用料表が人数割りになる為、割安な印象を受けます。
ちなみに東京の光熱費の基本使用料はこちら

—-
電気:819円(30Aの場合。使用量によって基本料金が変動)
ガス:724.5円(使用量によって基本料金が変動)
上下水道:1580円(2ヶ月分)
—-
1カ月の合計が2,333円ですので、3人で割ると一人777円。一人暮らしと比較して約1,500円のお得になります。毎月1,500円は結構大きいですよね。

でも、実際はスタートすると一人のあたりの光熱費の費用負担は5,000円を超える月もあり、「あれれ、、一人暮らしの時とさしてかわらないな」と思うこともしばしば。

シェアハウスを行う場合、毎月の計算が面倒な為、光熱費分を均等割りして家賃に上乗せします。ちなみに私の場合は一人当たり5,000円で3人で15,000円をプールしていました。

4月、5月と月日が流れ、、ある時15,000円を超える月が出てきます。問題が表面化するのは9月頃です。7月、8月の電気代がバカ高いのです。そしてよくよく見てみるとガス代も結構かかっている事に気が付きます。そしてシェアハウスでのメンバー会議が始まります。

その会議であがった光熱費が上がるとみられる原因はこちら

・朝シャワー&毎日風呂に入っているメンバー
・1日中部屋でエアコンを付けているメンバー
・フリーランスで日中リビングで作業しているメンバー
(テレビとPCのダブルスクリーン、エアコン)
・毎日料理をしているメンバー
・深夜までSP3(当時)で1日数時間ゲームをしているメンバー

数か月のあいだ光熱費が問題なく過ごせていたので、節約の意識が低くなり電気の消し忘れが横行している状態でした。

各メンバーに様々な原因があり、最終的には誰がいくら加算するということはなく、それぞれが節約の意識を持ちながらも気持ちよく生活しようということになりました。

超えた分は3分割です。多くても追加で一人1,500円負担程度でしたので、個人的には納得していました。
私も夜から朝までエアコンをつけっぱなしで、且つ消しエアコンや電気の忘れも何度がありましたので。。うだるように暑い日に家に帰ってきて部屋にはいると気持ちいい温度で申し訳ない気持ちになりがらも部屋で涼んでいました。

私以外もにエアコンの使い過ぎは全員が自覚があったようで、夏にエアコンの利用を控えるのは無理だ!という総意でまとまりエアコンの利用抑制は厳しいので、エアコンの電気代抑制の為にエアコン掃除だけは3人でしました。一人だとエアコン掃除は心が折れますが、男が3人集まると一種のイベントに変わります。

男3人、エアコン掃除の楽しみ方は後日記述します。

ちなみに、上記の光熱費が上がるとみられる原因に一つも当てはまらないような堅実な生活をしているメンバーがいれば、光熱費の変動はあったかと思います。季節や生活リズムや出張や帰省の期間によっても個人の利用料は月ごとに大きく変動する為、よほどでない限りは3分割すると初めに決めて寛容な心で生活するのがいいと思います。

これからシェアハウスをはじめるメンバーからいたら、上記の原因に関して自分がどれが当てはまるが確認し、それを許容できるか話し合ってみてもいいかもしれません。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP