めちゃくちゃ賃料が安い「事故物件」とはなにか。「事故物件」への引越はあり得るのか

たまに不動産の賃貸情報で目にする「事故物件」。安いことはえらく安いが、そもそも事故物件ってなに?

世の中には「事故物件」という不動産物件があります。不動産情報見ているとたまに出てきます。事故というと「トラックでも突っ込んだか火事でも出したのかな」と思うのがフツーですが・・・たいていの場合

自殺ないし、殺人があった部屋

ということになります。いや、正確に言うとほとんど自殺です。というのは殺人件数というのはですね・・・


逮捕者数で言うと1000人くらい。ひとりで複数殺すより、複数で一人を殺す方がおおいはずなので、まあ被害者数は調べたら300〜400人くらいでした。ちなみに殺人事件の発生する比率の過去10年の警視庁データでは、大阪府については発生率も高いが,高知県も同程度に高い。そのほか,発生率が1.0を超えている県は,千葉県,兵庫県,和歌山県,香川県,愛媛県,沖縄県です。

では自殺者はというと・・・

年間24000人・・・・殺人事件の被害者数の80倍です。新聞ダネにもなりません。

ということで、「事故物件」のほとんどは自殺があった部屋ということになるわけです。ちなみに警視庁の平成27年の統計では、自殺率の高い県は
秋田県、岩手県、新潟県、島根県あたりで、南の暖かな地方ほど自殺率は下がる傾向にあります。日照時間との関係があると言われるゆえんですね。

事故物件は危険か

事故物件に住んでへんな祟りでもあったらという方は、そうそうネット上にはいないと思いますが・・・
豊洲も地下水がいくら汚染されていても、それを汲み上げて使うわけじゃないので科学的には安全です。しかし都民の安心が・・・と小池さんも言っているので、事故物件に住んだ場合の危険性について説明します。w

まず、根本的な事ですが・・・・・・霊はいるのか・・・・・ですが

科学的には存在しません!! w

仮に霊というものがあるとすると、それはなんで人間だけなのかということになります。そこに正当性はないのでありとあらゆる高等生物には霊魂があるということになる。犬猫はもちろん、牛や馬、豚からニワトリまで、みんな霊魂があるということであれば、いつもステーキだのトンカツだの食ってるあなたは、毎日のように牛や豚の霊に取り憑かれてヒーハー言ってないといけないことになる。肉食って元気になった人はいても、元気が無くなる人はそうそういません。よって・・・・動物には霊魂はないですね。

いや、なんだかわからないが、人間にしか霊魂はないという「人間は神を模して作られたから人間にしか霊魂はない」という原理主義者みたいな方もいます。それって生物学的には全く否定されているんですが、アメリカ人の中にはいまだ進化論を信じていない人も多数いるそうで、そういう影響の人もいるでしょう。くだらないと思いますが、これを科学的に「幽霊なんてない」と証明して見せましょう。

まず、最初にこの世に未練を残して死んだ人はいったいどれくらいいるでしょうか。
自殺した人の大半は「死にたい」と思って亡くなったはずなので、この世に未練とかは逆に小さいはずですよね。逆に病気とか事故とか災害や戦争で亡くなった人のほうがこの世に未練は大きいはずで、本当に幽霊が出るならそっちのほうがでるはずなわけ。

が、日本で亡くなってる方の数、どれくらいだと思いますか?

毎年100万人くらい亡くなってる。
そうするとこの100年で一億人くらい亡くなってる。その大半が病気や事故だから、幽霊の数は生きてる日本人の数と匹敵している。そのうち成仏できなかった人が1/100としても100万霊だ。w
日本ができて1500年くらい経ってるから、日本の上は生きてる人間を遥かに上回る地縛霊とか浮遊霊で溢れていないといけない。なのに目撃例とかは非常に少ない。ということは

幽霊見たと言ってる側に精神的な問題がある

と考える方が正しいわけです。たとえば統合失調症という脳の病気になると、ストレスで脳のガードフィルターが壊れてしまい、自分の創造と現実が入り交じってしまい、聞こえない声や存在しないものが見えてしまう。そういうケースのほうが多いのではないかと推定するのが自然でしょう。統合失調症は100人に1人がかかる疾患です。幽霊をよく見る方はまずはこれでも読んでくれたまえ。

そんなわけで、当たり前の事ですが「幽霊は存在しない」し、祟りもないわけです。

事故物件の告知に関する法律は?

ただし、「安全」と「安心」は違うわけで、悪霊なんていないから「安全」なわけですが、「安心はできない」という人が大半でしょう。で、事故物件についての不動産業法はどうなってるのか調べてみました。

事故物件の告知義務はいつ、どこまで? 曖昧なルールについて国交省に直撃!

全129戸あるマンションの1戸で、1年数カ月前に自殺があった。その後、マンションの所有権は移るとともに賃貸されることになったが、賃貸借契約を締結する際に1年数カ月前の自殺があったことを告げなかった。この裁判は、告知がなかったことに対してのものだ。判決について、Sさんが説明する。
「裁判では、『1年数カ月前に自殺があった事実は、当該建物を賃借して居住することを実際上困難にする可能性が高く、信義則上告知すべき義務があった』としました。あくまで『自殺の事実を知っていながら秘匿した』という前提での判断です」
この判決で最重要となるのは、まずその「期間」だ。1年数カ月では「契約の締結に影響を与える事項」であることから、告知する義務があるとされた。

加えまして・・・・

そして他に重要なのは、「賃貸人が知っていた」ということ。裁判では「自殺の事実を知らなかった」と主張したようだが、それは退けられたという。もし本当に知らなければ判決が変わった可能性もあるが、「1年数カ月前に自殺した」という情報を知り得た限りは、それを告知する義務があったと判断されたわけだ。
「裁判で重視されるのは、『自殺の情報が契約に影響を与えたかどうか』です。影響を与えるならば、説明義務があるとみなされます。
ですから、たとえば物件購入や入居希望者が『過去に自殺はありませんでしたか』と聞いてきたら、調査して答えなければなりません。契約に影響することは確実だからです」
入居希望者が聞いてきた物件の情報を秘匿すれば、それは事故物件に限らず違法となる。その対処を忘れてはいけないだろう。

知っていたら知らせないといけないって。あと聞かれたらちゃんと答えないといけない。
問題は次ですよ。

いつまで知らせないといけないのか。

賃貸人が損害賠償請求をした平成13年11月の裁判では、東京地判において、「本件自殺から2年程度経過すると瑕疵とは評価できず、他者に賃貸するにあたり告知義務を負わない」とされたのだった。Sさんは、この判例のポイントを以下のように語る。
「貸室における入居者の自殺については、少なくともその直後においては心理的瑕疵が存在すると通常考えられますが、この事例が起きたマンションは、大都市のシングル向け物件であり、入退居の回転が早い物件だったといえます。裁判ではその状況を考慮して、『2年以上は瑕疵にならない』と判断したんですね」

2年経ったら知らせなくていいんですよ

2年したら成仏しちゃうとでもいうのか。いや、科学的な裁判じゃないから。
続いてたとえば入居した人が1ヶ月して「やっぱ気持ち悪い」と退去した場合はどうなのかというと

「まず1つ目のポイントは、何人目の入居者まで告知すべきかについて。この裁判では、自殺住戸への最初の入居者には説明義務があるものの、その次の入居者には、特段の事情がない限り告知する義務がないと判断されました。
そしてもう1つのポイントは、告知をする住戸の範囲について。この事案では、隣接する住戸について自殺があったことを告知する義務はないとされました」
なお、「その次の入居者には、特段の事情がない限り告知する義務がない」という中の「特段の事情」というのは、最初の入居者の入居期間が極端に短い、あまりに凄惨で周知性が高い事件、などが挙げられるという。

次の人には知らせなくていいんですよ

ということです。つまり事故物件ということで安く借りられるというのは最初の人だけの特権で、次の人からはなにも知らせなくてもいいわけだから特典はなくなります!!

まあ要するに、最初の人だけは気持ち悪いという人もいるかもしれないので教えてあげなさい。ということですね。殺人事件などでは凄惨な場所もあったりするわけですが、考えてもみなさい。太平洋戦争のアメリカ軍の空襲なんて国家による民間人の虐殺です。特に1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲では一晩で10万人が焼き殺されたわけですが、その上に家やビルが建ち、うなされることなく都民は毎日過ごしております。

事故物件はどうやって見つける

さて、科学的な視点を持つ人には事故物件は「安くてお得」なだけの存在でしかないわけですが、問題はどうやって見つけるかですね。
有名なところでは大島てるという専門サイトがあります。本も出しておられます。

大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました

孤独死、自殺、病死……さまざまな事情で居住者が亡くなった物件。巷で「事故物件」と呼ばれるそれらの物件を実際に訪ねてみると、どのような雰囲気になっているのだろうか?
インターネット上で事故物件情報を掲載している「大島てる」氏のバックアップのもと、実際の事故物件を訪ね歩き、その物件が持っている特殊な事情、物語などを綴っていく。死臭がもれないようガムテープで目張りをした部屋、先住者が風呂場で首吊をした部屋、次々に不幸が起こる部屋、蛆やゴキブリが大量発生した部屋など、どの物件も強いインパクトを与える。また、現在事故物件に住んでいる人や事故物件の清掃人、事故物件専門不動産屋など、事故物件にまつわるコアなインタビューも掲載。この1冊で事故物件のすべてがわかる!

だそうです。専門の業者がいるってことは一定のニーズはあるんですね。

安心をどう得るか、ここがポイント

ぶっちゃけ、知らなきゃどうでもいいのですが、知ってる場合はどうするか、です。

昔、なにかのマンガで見たのですが、事故物件に数ヶ月、落語家に住んでもらう。で、数ヶ月陽気に厄落としをしてもらうというのがありましたが、考えてみたら裁判所の判例見ると「とにかく1人でも住んじゃえば良い」わけですから、大家の中には1ヶ月くらいの間、無料で浮浪者とかに住まわせて、そのあと堂々と「事故無し物件」で出しているようなのも多いと思います。

で、いまだと狙い目は「お笑い芸人」になるわけですな。試しに「お笑い芸人 事故物件」で検索したら出てきました。ww

事故物件に住んで分かったことは?“事故物件住みます芸人”松原タニシ氏2

― 事故物件に住む前にお祓いはしますか
まったくしないです。なんか、お祓いするのは負けてる気がするというか。オバケが出ないようにお祓いしたりパワーストーンみたいなのを着けたりするって、オバケが出ることが前提になってるじゃないですか。お祓いとかせずにいて何も起きないこともあるんじゃないか、というのを確かめたくなってしまうんです。お祓い受けて何もなかったらお祓いのおかげってなるけど、お祓いせずに何も起きなかったら“何かに打ち勝った!”って自分の自信になるんですよ。

別に平気らしい・・・・・ww

― これまでで一番印象に残っている体験を教えてください
1軒目の事故物件に住んだときの出来事ですが、お風呂でシャワー浴びてたら鏡が曇るじゃないですか。そこに指で書いたような文字が浮かび上がってきたんです。
最初にカタカナで「シ」って浮かんだんで、きっと次は「ネ」が出る…こわー! ってなったんですけど、浮かんできたのがちっちゃい「ャ」。
なんやろ? と思ったら文字が続いて「ン」が浮かんで、まさか…と思ったら最後「プー」で、「シャンプー」って浮かんだんです。何のメッセージやろ? と思ってシャンプーのポンプ押したらカラになってました。
トークライブとかで言うと「つくったやろ!」みたいなリアクションされるんですけど、ホンマなんですよ! オバケがシャンプーの買いどきを教えてくれたんです。

ほんとかよ・・・・・ww

ということで、単に気の持ちよう。ブログのネタにでもしてやろう位の人ならOKかもしれませんな。で、こういうのが怖い人は「豊洲は安全だ」とか言わないで欲しい。安全と安心は違うと自分で認めてるようなもんです。
考えたら豊洲の盛り土って地下の汚染物質との間を仕切るおまじないみたいなもんだったんだよね〜。だから「盛り土なくても科学的に安全」と言い切る人は事故物件を怖がる資格はないですぞ!!

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP