今さら聞けない粗大ゴミ処分方法の全てを教えます!

~家具・家電など大物を捨てる最も楽な方法とは!?~

ときめくものを残すとか、ときめかないものを捨てるとか、そんなこと言ってる場合じゃねえんだよ!!

と、山のような荷物に埋もれて叫びたくなる、それが引っ越しですよね…(遠い目)

こんにちは、ライターの上原です。

引っ越しといえば、避けては通れないのが山のようなごみの処理。いざ引っ越し、となったときに、一体どのように不用品を処分したら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?特に。家具や家電など大きな不用品の処分方法、今さら聞けないけどさっっっぱり分からない、そんな方も多いのではないでしょうか。
そこで!今回は、今さら聞けない粗大ゴミの処分方法の全てを微に入り細に入り、手取り足取り腰取りお伝えいたします!

1.家具・家電の要る要らない…その判断方法は!?

家具や家電など、何を新居に持っていき、何を捨てたら良いの…?面倒なので、いっそのこと全部持って行きたいし、逆に全部捨ててしまいたい衝動にも駆られるところですが、実際のところはどのように判断したら良いのでしょうか。正解は無限にあるようで、実は非常にシンプル。

物理的に新居に入るか、入らないのか、この二択で良いのではないでしょうか!

入るか入らないかは、丁寧に探っていけばすぐに分かります。手持ちの家具や家電のサイズを測り、新居の図面に配置してみれば良いのです。面倒なようですが、洋服をタンスに詰め込むのとは違い、1ミリでもはみ出てしまえば家具も家電も部屋に入りません(当たり前だ)。急がばまわれ。とにかく測定しまくって、配置を先に決めてしまいましょう!引越し先の総面積が広くなっている場合も、間取りが変われば今までの部屋に入っていたものが入らなくなる場合もあります。ここは丁寧に測定してみましょう。

同じく、新しい家具を購入する場合も同じです!さらに、部屋に入るから安心だ〜!と油断していると、共用の廊下や通路が意外と狭くて部屋までたどり着けない、なんていうことも起きかねません。自室だけではなく、搬入経路も含めて考えることが肝心です。とにかく何でもかんでも測定です測定!

ーーー

また、手書きで図面に書き込むのもイメージしづらいし面倒、という方は、お手持ちのスマートフォンで仮に家具を配置できる便利なアプリを活用するという手段もあります。

例えば、こちらの「間取りtouch+」は、様々なサイズの図面に家具や家電を配置できる間取り作成アプリです。自分の部屋のサイズをこのアプリで設定し、家具家電のサイズも微調整してシミュレーションすることができる優れもの!

これで新居の間取りを作って手持ちの家具を配置していけば、持っていくか捨てるかの選択もラクにできそうじゃありませんか!
さあ、どの家具・家電を持って行き、捨てるのかを絞り込むことができたところで、次は実際に捨てる手続きをご紹介致します。

2.今さら聞けない!?行政サービスを使った粗大ごみの出し方

<粗大ごみの定義と手続き方法>
「家具を捨てる」…考えただけで、超絶めんどくさそうなオーラみなぎるこの言葉。そういえば、昔お見合いをした男性が、「家具を買って失敗したら捨てるのが大変」という理由で、せっかく二子玉にマンション買ったと言うのにベッドも椅子も無くて寝袋で暮らしてるとか言ってたっけなあ…(成婚ならず)。それほどまでに(?)面倒くさいのが家具の処分!!

そもそも、粗大ごみ処分って、一体どうやって手続きするものでしたっけ…?というわけで、まずは今更聞けない、行政サービスを使った王道の粗大ごみ処分法を確認してみましょう!

そもそも、粗大ごみとはどの位のサイズのモノかな?と調べてみますと、なんと、それ以前に粗大ごみの定義からして各市町村によって違いました!
例えば都庁のある新宿区では、

日常生活に伴って生じた大型ごみで、一辺の長さがおおむね30cmを超える家具、寝具、電気製品(家電リサイクル品以外)、自転車などが対象です。解体しても粗大ごみでお出しください。また、大きさや重さにより回収できない場合もあります。

新宿区ホームページより引用)

私が住む横浜市では、

家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、それ以外(プラスチック製品、木製品など)で50cm以上のものが対象です。

横浜市ホームページより引用)

那覇市では、

指定ごみ袋に入らないものが「そ大ごみ」となります。

那覇市ホームページより引用)
と、何故か「そ」が「粗」ではない。
札幌市では、

“大型ごみとは、耐久消費財その他の固形廃棄物で、指定ごみ袋に入らないものです。”

札幌市ホームページより引用)
と、あくまで大型であって「粗大」ではない。

粗大ごみの定義どころか、呼び方も表記も違うというバラバラっぷりが分かってきました!

いろんな市町村を見てみましたが、粗大ごみとは大体以下のようなモノ。
・一番長い辺が30㎝以上のもの
・普通ごみの袋に入らないもの(解体して普通ごみの袋に入れば一般ごみとして出せる自治体と、それでも粗大ごみ扱いの自治体があるのでご注意を。)
・家電リサイクル法が適応されないもの

そして、手順も大体以下のような感じです。
1.お住いの自治体への電話やホームページで申込み(個数、サイズを明確に伝えましょう)
2.役所やコンビニやスーパーなどで、有料シールをごみのサイズに応じて購入
3.指定の場所に、定められた日時に出す

また、回収を依頼するのでは無く、市町村所定の場所に自分で持ち込むという手段もあります。その場合は、概ね回収の半額の手数料で捨てることができます。
※実際に利用される際には、必ず市町村にご確認下さいね!

行政サービスを利用することのメリット・デメリット

この行政サービスを使うという一番オーソドックスな廃棄法の最大のメリット、それは、費用が比較的安価ということがあります。(こちらも市町村によって違いますが)
例えば私が住む横浜市では、本棚や机などの大きな家具の最高値設定が1,500円でした。これを民間業者に発注すると、手数料や運搬費を含むと1万円近くに膨れ上がるケースもありますので、やはり行政のサービスはかなりの格安価格!

 

しかし、デメリットもあります。まずは、手続きをしてから実際に回収してもらえるまでに数日~数週間と、時間がかかってしまうこと。また、1日で回収できる量が決まっているようで、複数廃棄したい場合、全部一気に引き受けて貰えないケースもあるようです。そして最大のデメリットは、自宅から所定の回収場所まで自力で持っていかなくてはならないこと!重いよ!大きな家具の廃棄はなかなか厳しいものがあるのです。

イラスト:赤星ポテ子

3.家電リサイクル法って何?電化製品の処分方法!

粗大ごみとして行政が回収してくれないものの中に、「家電リサイクル法で定められているもの」があります。
そもそも、家電リサイクル法とは一体なんでしょうか?

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

経済産業省ホームページより引用)

つまり、
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫・冷凍庫
・洗濯機・衣類乾燥機
の家電は、普通には捨てられませんよ、ということです。

家電リサイクル法に該当する家電の処分方法

家電を捨てる時、それはどんな時でしょうか?ほとんどが、故障や引っ越しで新しいものと買い換える時。というわけで、不要となった家電そのものを購入したお店か、新しい商品を買替えするお店が引き取ってくれることになっています。
回収業者がやってきた時、あるいは小売店で新しい家電を購入した時などに、「家電リサイクル券」という7枚綴りの書類を渡されますので、それに必要事項を記入。その控えがあれば、自分がリサイクルに出した家電がどのようにリサイクルされているのか、状況を確認したい時に使用できます。

ちなみに、「リサイクル料金」と「収集・運搬料金」という2種類の料金を支払う必要があります。リサイクル料金はメーカー毎に、収集・運搬料金は小売業者毎に異なるとのことなので、実際に購入するお店などにお問い合わせ頂いた方が良いのですが、リサイクル料金だけは経済産業省のホームページに参考価格が載っていましたので引用させていただきますね!

(経済産業省ホームページより引用)

家電リサイクル法に該当しない家電はどうするの!?

実は…家電リサイクル法に該当しないその他の家電にも、別途リサイクル法が存在しますって、舌噛みそうになってきましたね!その名もズバリ、小型家電リサイクル法!

以下、環境省のホームーページよりどんな法律なのかを引用させて頂きますが、この数行でここまで読んで来てくださった皆さんが離脱するかな?と思うほど堅苦しい文章となっております。さすがお役所!

小型家電リサイクル法は、デジタルカメラやゲーム機等の使用済小型電子機器等の再資源化を促進するため、主務大臣による基本方針の策定及び再資源化事業計画の認定、当該認定を受けた再資源化事業計画に従って行う事業についての廃棄物処理業の許可等に関する特例等について定めた法律です。

環境省ホームページより引用)

平たく言いますと、小型家電リサイクル法は、家電リサイクル法で定められたもの以外のほとんど全部を取り扱っていると考えて大丈夫です!ただ、家電リサイクル法とは回収先も手続きも違います。大型家電は小売店が中心となって回収してましたが、小型家電製品は粗大ごみの時同様、お住いの自治体や、自治体が認定した業者が回収してリサイクルに回すことになっています。

小型家電リサイクル法に該当する家電の処分方法

こちら、もはやお約束の言葉であるお住いの市町村によって違うのですが、整理をすると主に以下の4つの回収法があります。

1.ボックス回収
公共施設、家電量販店などの売店等に専用の回収ボックスを設置して回収する方法。

2.ステーション回収
ゴミ回収場所で資源回収と合わせて、小型家電リサイクル用のコンテナなどを設置し、そこに入れられたものを回収する方法。

3.イベント回収
イベント開催の期間に限定して回収する方法。

4.ピックアップ回収
「不燃ごみ」や「粗大ごみ」として排出された小型家電を、清掃工場等で選別回収する方法。

この中で、2~4は何となくイメージできますし、無意識にすでにやっている人も多そうです。しかしながら、1のボックス回収とは…?ボックス、あんまり見かけたこと無いんですけど。というわけで、せっかくなので私が住んでいる横浜市の小型家電回収ボックスを見て来ました!

清掃施設の敷地内にひっそりとあるのでなかなか見つけ辛いよ!滅多にこのボックスを訪れる人がいないからか、あるいは個人情報が入っているこの手の廃棄物の盗人に見えたのか、清掃施設の人がめちゃくちゃ見に来てお互い妙にそわそわしながら撮影。

この30センチ✕15センチの投入口に入る、電気や電池で動作するものなら入れて大丈夫。

このボックス、実はかなり便利だと感じました!ステーション回収、イベント回収、ピックアップ回収の場合、素人の力でデータを消しただけの携帯電話やPCなどを誰でも出入りできる場所に捨てるのは、個人情報が抜かれそうでちょっと気が引けます。しかし、このボックスなら閉ざされた箱に自分で投入するのでとっても安心。

しかし、このボックスの存在自体がまるで知られていないのと、設置箇所が限られていることを考えると、結局のところ、なかなか活用し辛いのが現実なのです。

と、これまで行政中心の大小の家具家電の処分方法を説明させて頂きましたが、それぞれの申請場所が違う、捨てるものごとに調べることが多いなど、結局のところ、ぶっちゃけ面倒臭いですね!特に引越しで、破棄したい物が多い場合は、よほど段取り良く進めないと途中で訳が分からなくなりそうです。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。面倒なことを引き受けてくれるのが、不用品回収業者です!

4.電話一本で超お手軽!?不用品回収業者はぶっちゃけどうなの?

ある程度お金はかかっても仕方ない。重くて運べない家具家電を、複数、迅速に処分したいというケースに頼りたいのは、不用品回収業者。
最近では、廃棄するだけでなく、綺麗なものはリサイクルに回してくれたり、ネットオークションを代行してくれるなど、様々なサービスがあります。

しかも、中には24時間いつでも希望の時間に取りに来てくれる業者も。平日、仕事の後に取りに来てくれるなどの柔軟性は、働き盛りの一人暮らしや共働き家庭にも嬉しいサービスですよね!(夜中の引取なんかは、夜逃げの人が活用するのかなあ…などと想像力も掻き立てられます。)家具、大型家電、小型家電の区別なく、全部一気に持って行ってくれるサービスもあります。カート1つに詰め込み放題からトラック1台に詰め込み放題など、いろいろなプランも充実。

小型家電のパソコンやスマホなどのデータも、完全に消去してくれるサービスまであります。まさに選びたい放題の捨て放題!!

しかし…

絶対に気をつけなくてはならない点があるのです。
それは、違法業者に頼まないこと!

不法業者に頼むと何が起きるのか

1.金銭トラブルが多い
よくその辺を「ご不要になったテレビ、パソコン、冷蔵庫など、何でも無料で回収します」という軽トラが回っていますが、多くの場合は不法業者!
国民生活センターによると、トラックのアナウンスで無料だというので頼んだら「全部が無料とは言ってない」と高額請求をされた、回収や運搬は無料だけどリサイクル料金がかかる、「思ったよりも多かった」と高額請求されるなどのトラブルが多いとか。

また、トラック以外にも、家のポストに「◯月◯日に空き地で無料回収会があります」というチラシが入っていたので出してみたら、適当なゴミ置き場に捨てられていた、などのトラブルもあるようです。

「タダより高いものはない」「安かろう悪かろう」とはよく言ったもので、結局のところ、ある程度の出費無しに不用品の処分はできないのです。
2.地球に優しくない
いきなりグローバルな話ですが、行政主導のサービスを利用したり、合法業者を使えば、自分の出した「ごみ」はすぐに「ごみ」ではなくなり、「資源」となってリユースやリサイクルのルートに乗ることができます。

不法な業者に頼むと、まずこの資源活用のルートに乗ることはありません。それどころか、環境を無視して適当な場所に不法投棄されてしまうこともあるのです。環境対策を行わずに廃家電を破壊してしまうと、フロンガスや鉛などの有害物質が環境中に放出されることに。最近まで自分の家で使っていたものが急に有害物質化してしまうって、なかなか後味が悪くないですか?

 

逆に、合法業者に頼むと「ごみ」が意外なドラマを生むことがあります。以前、私は業者に小学生時代の勉強机の処分を依頼したことがあります。マンションの部屋の中まで取りに来て軽々と運び出してくれたのですが、そんな中で業者の方からある提案がありました。「このまま処分しても構わないのですが、オークションに出しませんか?」。1ヶ月間、期間限定でその業者が提携を結んでいるオークションサイトに出し、譲り先を探すことができるというシステムがあったのです。特に手数料など余分にかかる費用は無く、落札金額は業者に入る、というルール。面白そうなのでやってみたところ、後日、無事に落札されたとの連絡が!落札価格は不明ですが、私が大昔に亡き祖父に入学祝いで買ってもらった勉強机が、新たな活躍の場を与えられたかと思うとなかなか胸アツだったことを思い出します。

環境を害するか、新たなドラマを生み出すか。処分一つで大きく展開が変わってしまうこともあるのです。

不法業者の見分け方

不法業者の見分け方は、実はとっても簡単です!
「一般廃棄物処理業許可」を得た業者かどうかを確認するだけ!

頼もうかな?と思った業者のサイトにアクセスして会社概要を確認すれば、きちんとした業者ならば必ず自社が持っている許可証の種類と認可番号を載せているはずです。

ただし、ここで注意しなくてはならないことがあります。会社案内に「産業廃棄物処理業許可」とだけ書いてあった場合、その会社は家庭ごみを処理することは出来ないのです!産業廃棄物処理や古物商の許可が公的機関から下りている、ということで「しっかりした会社だわ」と騙されてしまい、ついつい回収を依頼してしまうことでトラブルになってしまうのです。

産業ではなく一般!それを合言葉に、一手間かけて安全な業者を探しましょう!

最も安全な合法業者の見つけ方とは

ここまで読んで頂いた方の中には、「業者に頼みたいけど見極めが面倒くさい」「結局高く付きそう」「トラブル怖い」とお思いの方もいらっしゃると思います。

そんな時に活用できるのが、【引越しラクっとNAVI】の不用品処分サービス。多数の合法業者と契約を結んでいるので、お住いの地域の不用品回収の見積もりを「引っ越しラクっとNAVI」を通して無料で入手することができます。業者と直接やり取りをすることが無いため、「丁寧な見積もりを出してもらったから、ちょっと高くても悪いのでお願いするか…」なんて情にほだされて出費してしまう、なんていうこともありません。

「いやいや、さっき『タダより高いものは無い』って言ってたよね?」と総ツッコミを受けそうですが、こちら、厳密には無料ではありません。見積もりを入手した利用者が実際に業者を選んで成約した時に、不用品回収業者から紹介手数料が【引越しラクっとNAVI】に支払われる仕組みなのです。つまり利用者には、不用品回収の代金が発生するだけという仕組みなのです。

引越し前の断舎離の相談をするもよし、引越し後に「やっぱり捨てたい!」となった時に相談するもよし、プロの目で最適な業者を紹介してくれて見積もりが取れるサービスを利用するのは、なんだかんだで最も楽で安全な粗大ゴミ処分方法なのです。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP